このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 



 


前述のとおり、昨今の音楽商材販売不振の状況を鑑み、当社では様々な視点でトライアルを図ることと致しました。
以下他のプロジェクトへの参加について歓迎いたしますので、是非、お問合せ、ご参加下さい。

 

 

著作権教育
例えば、違法・不法・不当ダウンロード、音楽データのコピーについて、ユーザー、市場への「著作権」について「啓蒙活動」
ではなく、小中高等学校、ライブハウス、飲食店等での直接指導や、各社法務部門への接触、法的措置を含む積極的な「著作権
『教育』」の実施。

¥0ダウンロード
また反面、特に民法TV局にて一般生活者は無料で視聴できるという「文化」に着目し、過去の「レコードレンタル」 事業
発芽期の音楽業界対市場の反響や市場ニーズ、以降の実績に着目し、<¥0ダウンロード>事業モデルの企画開発。

音楽販売方法の戦略的リストラクチャリング
CD販売店状況の変化を鑑み、大型グループ店舗、非レコード店との直接契約や、アーティスト自らが積極的に営業、販売(受注)
し、それ以降の決済~流通までを当社で行う(amazonの様な)WEB店舗~流通までのショップの展開や、自主運営ダウン
ロード販売システムの展開により、販売価格の約50%を占める、販売手数料・販促手数料などの領域の経費についての削減を
行うと同時に、アーティストや作家、所属事務所に対し、販売業務への対価として、歌唱印税の約10倍の販売報酬を配当する
など、関係事業者が、能動的に市場戦略にも参加でき、また、成果に応じた高配当を獲得できるビジネスモデルを構築。

音楽映像商材
商品企画面では、他所での概要のとおり、ipod他、市場の音楽再生機の多くの仕様がディスプレイを有していることなどから
当社社名のコンセプトのとおり、音楽+映像を合わせたミュージックビデオ他、広告付きMV、PV+MVなどの、DVD~SD、
USBメモリ、ネット配信、bluetooth配信…など、新型の音楽商材のフォーマット開発を行って参ります。

24時間視聴無料放送
マーケティング視点では、市場戦略の1つとして、携帯電話、および、PC、契約店舗向けの、24時間「視聴無料」放送局の
展開を計画中。

アーティストアカデミー、および、関連事業
従前取引先各位との連携事業において、現在、「クラシック」、「POPS」、「TV・映画向け演技」及び「音楽制作」、
「映像制作」に関するスクーリング事業の展開を準備中。
合わせて、プロフェショナルはもちろん、学生~セミプロの活動の場として、当社各種コンテンツへの出演機会の提供や、
社内外案件への、 廉価なオーケストラのレコーディングや、音大声楽科卒業生クラスの「仮歌レコーディング」提供、
クラシック楽器のライブ/レコーディング演奏参加など、スクール事業と相乗効果の発揮できる、各種事業の展開を計画
しています。


 

以上他、市場の変化に適宜対応し、芸能・音楽・映像・エンターテインメント事業、同業界・市場の中で、成功則を 見出すべく、
様々なトライアルを重ねて参ります。

各案件への参加希望などございましたら、当社desk<contact>あて、お問合せ下さい。

 

 

 

 

日本音楽映像株式会社(c)2010